両丹日日新聞WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

レイアウト

京都北都信用金庫

2017年08月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

日付をクリックするとその日のニュースがご覧いただけます

これまでのニュース一覧


    

北近畿の釣り情報

【海洋つり場】50センチのハマチ釣れる メバルや小アジも好調

北近畿の釣り情報

8月豪雨災害から復旧遂げた丹波市 住民が「福興」イベント

被災直後の丹波市 「災害からの復興には芸術の力が欠かせない」と、大規模な豪雨災害に見舞われて3年を経た兵庫県丹波市で26日、舞台や物産展などの「福興」イベントが開かれる。住民たちによる「うちの花は赤いプロジェクト」主催。

 >>記事全文を読む (最終更新日:2017年08月18日 14:30)

大江町で稲刈り始まる 台風シーズン避けて

稲刈り 京都府福知山市大江町で稲刈りが始まった。北有路の水田では17日、近くに住む農業、村上八弘さん(75)が、黄金色に実ったコシヒカリを刈り取った。

 >>記事全文を読む (最終更新日:2017年08月18日 14:18)

堤防に感謝を込めて 御霊公園などでまつり 

堤防まつり 水害から市民を守る由良川堤防への感謝を込めて15日、京都府福知山市内の御霊公園などで「堤防まつり」が営まれた。惇明、昭和、大正地区と上・下荒河の79自治会で組織する福知山堤防愛護会(谷垣均会長)が主催し、長年続けている。

 >>記事全文を読む (最終更新日:2017年08月17日 13:47)

豊作願う雨ごい祭り「笹ばやし」

笹ばやし 京都府福知山市下六人部地区で江戸時代から続いている雨ごい祭り「笹ばやし」が16日夜、多保市であった。子どもたちが笹を振って走る「笹ぶり」をし豊作をもたらす雨を願った。

 >>記事全文を読む (最終更新日:2017年08月17日 14:04)

特産農産物もらえる定期貯金 JA京都にのくにが募集

 JA京都にのくには、特産農産物の普及や新規の個人貯金伸長などを目的に、9月29日まで「農産物応援定期貯金」を募集する。新規資金で30万円以上定期貯金を預け入れると、金額に応じて農産物などの賞品をプレゼントする。計6億円に達した時点で打ち切る。

 >>記事全文を読む (最終更新日:2017年08月17日 14:01)

ET−KING熱唱 御霊公園に5千人

会場を盛り上げたET−KING 「ドッコイセ」の掛け声で福知山音頭を踊る第33回ドッコイセこども大会(福知山商工会議所青年部主催)が15日夜、京都府福知山市中ノの御霊公園で開かれた。今年はゲストに人気ヒップホップユニットのET−KING(イーティー・キング)が登場し、会場いっぱいの約5千人を前に代表曲などを熱唱した。こども大会も過去最多の25団体、約500人が参加し、大人に負けない踊りっぷりを見せた。両丹日日新聞社など後援。

 >>記事全文を読む (最終更新日:2017年08月17日 08:09)

屋台炎上事故、被害者全員との示談を 実行委が会見

記者会見 福知山花火大会実行委員会は15日、京都府福知山市広小路通りの市商工会館で記者会見を開き、事故の死傷者57人全員との被害者救済の示談成立をめざす姿勢を示した。これまでに51人と成立し、残る6人についても交渉中で、全てがまとまった時点で実行委としての救済は完了する見通し。

 >>記事全文を読む (最終更新日:2017年08月16日 15:21)

[PR]

※WEB版では明るい話題を中心に掲載。政治・選挙関係、事件・事故は、速報で短く伝える以外は、なるべく取り上げないようにしています。本紙でご覧下さい。

福知山と北近畿のイベント情報は「まちかど情報」コーナーでご紹介!

  • ■「リンク」は地域のサイトをたくさん登録、見やすくて便利!

両丹日日新聞は全国にお届けします。

  •  ■通学先、赴任先で両丹日日新聞をご覧になりませんか。
       両丹日日新聞は全国に郵送できます。
       お支払いは郵送先、福知山のご実家のどちらでもOK!

購読お申込は >>CLICK

特別企画

両丹日日新聞i福知山QRコード

両丹日日新聞の携帯版ホームページもご利用下さい。
URLはhttp://ryoutan.co.jp/i
バーコード読み取り機能のついた機種では、左のQRコード(3キャリア対応)がご利用いただけます。



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ